集中講義募集要項

目的

人工知能、インターネット・オブ・シングス(IoT)、サイバーセキュリティをはじめ多くの学術分野、産業分野においてビッグデータを扱うデータサイエンスが重要視されています。電気通信大学では、データサイエンティストとしての素養を持ち、新たな価値を生むビジネスを創出できる人材としてデータアントレプレナーを育成しています。平成29年度の「データアントレプレナープログラム」集中講義の受講生を募集します。科目群の中で「データサイエンティスト特論」及び「データアントレプレナー実践論」科目の講義を開講します。講師及び受講生データの分析から、充実したプログラムを提供致します。

対象

大学の数学(微分積分学、線形代数学、数理最適化、統計学等)およびコンピュータサイエンス(プログラミング言語Python、データベース等)の素養を身に付けた、データサイエンスによる事業及び研究を志す学生および企業研究者。他大学の学生の方も申込可能です。本年度より大学院正規科目となり手続きが変更されておりますので、以下良くお読みになりお申込ください。

募集人数

20名程度(増員する場合があります)

募集期間

2017年9月13日(水)~2017年9月29日(金)

以下の方々が応募可能です。それぞれに該当する手続きに従ってください。

Ⅰ型

  1. 本学の在籍大学院生

本ページ下部の応募フォームで申込み後、大学の規定の正式な手続きに従ってください。抽選となる場合があります。

Ⅱ型

  1. 学外の社会人の方
  2. 他大学の学生
  3. 本学職員

7月出願の科目等履修生の受検合格者が受講可能です。合格された方は本ページ下部の応募フォームよりお申込ください。

受講会場

電気通信大学 東地区 新C棟1階103講義室
アクセス / 学内マップ 8番東側の建物です。

受講料金

Ⅰ型:学費に含まれます
Ⅱ型:科目等履修生の授業料(受検料、入学金も必要となります)
※  通学に必要な宿泊費、交通費は支給されません。

開講期間

2017年10月7日(土)~2018年1月27日(土)

時間割

土曜日 3~5時限 / 13:00~17:45

カリキュラム

データアントレプレナー実践論

番号日時テーマ内容講師
P110/7
13:00 - 14:30
今の日本に必要なビジネスモデルガイダンス
データサイエンス論
データサイエンティストの現状
電気通信大学 田村 元紀 教授
電気通信大学 清洲 正勝 特任助教
株式会社金融エンジニアリング・グループ 中林 三平 氏
P210/7
14:40 - 16:10
今の日本に必要なビジネスモデルゼロ秒思考で日本のビジネス革新(仮)ブレークスルーパートナーズ株式会社 赤羽 雄二 氏
P310/7
16:15 - 17:45
今の日本に必要なビジネスモデルIoT時代のビジネスモデル創造ソニー株式会社 島田 啓一郎 氏
P4-P510/14 
13:00 - 16:10
ロケーションデータの醍醐味地域活性化のビジネス戦略 調布市へ適用(仮)津田塾大学 曽根原 登 教授
国立情報学研究所 小出 哲彰 特任研究員
国立情報学研究所 福崎 昭伸 特任研究員
P610/14 
16:15 - 17:45
ロケーションデータの醍醐味ロケーションデータ分析事業株式会社ナイトレイ 石川 豊 氏
P710/21 
13:00 - 14:30
本学出身データアントレプレナーの活躍データ分析実践手法株式会社ホクソエム 早川 敦士 氏
P810/21 
14:40 - 16:10
本学出身データアントレプレナーの活躍映像配信の取組みと今後の展開(仮)株式会社NTTドコモ 宮川 聡 氏
P910/21 
16:15 - 17:45
本学出身データアントレプレナーの活躍人工知能を利用したデザイン思考電気通信大学 西野 哲郎 教授
P10-P1211/4 
13:00 - 17:45
日本語WatsonAPIを体験する人工知能を利用したデザイン思考電気通信大学 西野 哲郎 教授
P1311/11 
13:00 - 14:30
データサイエンスビジネスの最前線データ活用から変革への取り組み株式会社富士通研究所 丸山 文宏 氏
P1411/11 
14:40 - 16:10
データサイエンスビジネスの最前線ビッグデータ活用の具体事例(仮)株式会社日立製作所 守屋 敏夫 氏
P1511/18 
13:00 - 16:10
データサイエンスビジネスの最前線データ分析に関わる取り組みディスカッション富士ゼロックス株式会社 鈴木 真琴 氏

データサイエンティスト特論

番号日時内容講師
A112/2 
13:00 - 14:30
ガイダンス
課題とデータ提供
電気通信大学 田村 元紀 教授
一般社団法人データサイエンティスト協会
A212/2 
14:40 - 16:10
講義および演習1各種サポーター
A312/2 
16:15 - 17:45
講義および演習2各種サポーター
A412/9 
13:00 - 14:30
講義および演習3各種サポーター員
A512/9 
14:40 - 16:10
講義および演習4各種サポーター
A612/9
16:15 - 17:45
講義および演習5各種サポーター
A712/16 
13:00 - 14:30
データ加工/分析1各種サポーター
A812/16 
14:40 - 16:10
データ加工/分析2各種サポーター
A912/16 
16:15 - 17:45
中間報告
分析/資料作成
各種サポーター
A101/20 
13:00 - 14:30
分析/資料作成1各種サポーター
A111/20
14:40 - 16:10
分析/資料作成2各種サポーター
A121/20 
16:15 - 17:45
分析/資料作成3各種サポーター
A131/27 
13:00 - 14:30
分析/資料作成4各種サポーター
A141/27 
14:40 - 16:10
最終発表1
4人×nチーム
評価、講評
電気通信大学教員
一般社団法人データサイエンティスト協会
A151/27 
16:15 - 17:45
最終発表2
4人×nチーム
評価、講評
電気通信大学教員
一般社団法人データサイエンティスト協会

※  土曜日開講に変更はありませんが、日程が変更される場合があります。

シラバス

データアントレプレナー実践論
データサイエンティスト特論

講師

講師情報を参照。

修了証

全ての講義に出席、調査票を提出し、データアントレプレナー実践論及びデータサイエンティスト特論の単位を取得された方に修了証を授与致します。

応募条件

  1. 実習に必要なノートブックPCを持参できる方。
  2. 学内外の学部、大学院生及び、企業、官公庁、研究所等にお勤めの社会人の方。
  3. 全ての講義に出席し、ウェブでの調査票を必ず提出できる方。

注意事項

  1. 集中講義の2科目は、正規履修科目の単位が出ますので、成績証明書の取得が可能です。
  2. 集中講義の日程や内容は進度や大学の開催都合、天候によって変更されることがあります。
  3. 教員及び受講生への迷惑行為や講義進行の妨げとなるような行為は禁止となります。
  4. 講義は映像配信されません。
  5. その他、詳細事項について運営委員、事務局に従っていただきます。

応募方法

Ⅰ型とⅡ型に該当する方は全員、応募条件と注意事項に同意した上で、以下の応募フォームにてお申込みください。

応募条件と注意事項に同意し申込する

お問合せ

Ⅰ型 田村 元紀 教授
E-Mail : tamura@uec.ac.jp

Ⅱ型 国立大学法人電気通信大学 データアントレプレナープログラム事務局
E-Mail : kenkyo-k@office.uec.ac.jp

個人情報保護

電気通信大学が定める個人情報保護規定及び保有個人情報管理細則に則ります。
個人情報保護規程
保有個人情報管理細則